検索
  • exceleaveit

多くのビジネスパーソンが、ピボットテーブルでつまずく理由:それは【汚れたデータ】にあった。

ピボットテーブル、活用してますか?

うまく使いこなすと、Excelデータ分析の応用範囲がとても広がります。単なるクロス集計だけでなく、「ダイス分析」や「スライス分析」、重要指標の「ダッシュボード確認」など、1つのデータ指標を多面的に見ることに応用できます。


けれども、ビジネスパーソンの中には、「ピボットテーブルは難しい」と考えている人、ピボットテーブルの作成を試みて挫折する人も多いようです。業務リポートをピボットテーブルで作ろうとして、残業する羽目になった方はいませんか?


ピボットテーブルをうまく作れない理由はいくつかありますが、原因の大部分は【汚れたデータ】にあります。Excelのシートは表現自由度が非常に高いため、さまざまに書式などを変えて、作表することができます。


しかし、ピボットテーブルも「データベースの一種」ととらえて、【綺麗なデータ】、つまり正しい入力規則に基づく元テーブルづくりを心がけるようにしてください。


とある会社の、1週間の商品別売上金額の一覧を、日別/商品別にクロス集計してみます。

この元テーブルを使ってピボットテーブルを

作ろうとしても、「フィールド名は正しくありません」

というエラーが出て、作成できません。







E列1行目に、本来入っていなければいけない「単価」というフィールド名が抜けているために、変換が進まなかったのですね。入力抜けがある場合以外にも、テーブルが「セル結合」されていたりすると、同じエラーが出ます。ピボットテーブルにセル結合はご法度なのです。


それ以外にも、入力規則を意識せずに作った商品別売上金額表には、エラーとなる多くの要素が含まれています。

【綺麗なデータ】=正しくピボットテーブル分析にかけられる元テーブルを作成するために、以下のチェック項目を事前に確認してください。


セル入力規則(Alt→D→L)で数値?、文字列?何バイト?、誤データ入力時のエラーメッセージは? などをあらかじめ決めておきます。









→Ctrl+G

→セル選択

→「空白セル」チェック

→「OK」

→Tabキーで巡回








データ→フィルタで、同一商品の表記ゆれがないかどうかを確認。

表記ゆれがあれば、置換(Ctrl+H)で正しい表記の方へ変換。もしくは、

・ASC関数(半角統一)

・JIS関数(全角統一)

・UPPER関数(英字を大文字に統一)

・LOWER関数(英字を小文字に統一)

などで表示統一。



これらのチェックを経て、ピボットテーブル分析にかけることで、日別、商品別の売上クロス集計表が完成しました。

クロス集計以外への、さらに高度な応用については、また別の機会にご紹介させていただきます。


ピボットテーブルは、けして難しくはありません。ただ、プログラムが読み込むためのデータベースであることには変わりないので、【綺麗なデータ】づくりを最初から心がけてください。


業務用データは、手入力であったりOCRであったり、【汚れたデータ】であることも多々ありますが、その場合には

  1. 入力規則決め

  2. 空白セルチェック

  3. 表記ゆれ補正

をきちんとかけた上で、ピボットテーブル分析をぜひご活用ください。


ExceLeaveITではピボットテーブルを活用した業務効率化ツールを提供しております。

是非一度、お問い合わせください!

5回の閲覧0件のコメント

ExceLeaveIT