「データ分析」のアドインを追加して、今日から私もプチ・サイエンティスト!?

あなたが現在お使いのExcelには、「データ分析」のアドインが追加されていますか?

もしまだでしたら、ぜひ一度追加して、手持ちのExcelデータを統計的に分析してみると面白いですよ。


本格的に統計学の勉強をするならば、かなり難解な専門用語も覚えなければいけません。

しかし、仕事に必要なデータ解析をExcelで試みるくらいなら、見よう見まねでツール操作をするだけでも、十分な判断材料が得られる場合もあります。


今回は、統計学の知識を持たない実務者でも、データ分析アドインを使ってできることの一例をご紹介します。


なお、Excelを使い始める前に「そもそも素人が、統計学をどうやって勉強するの?」と思ったら、初心者向けに説明されている統計学入門テキストが、Web上で無料一般公開されていますので、そちらも見てみてくださいね。


ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学
アイスクリーム屋さんで学ぶ楽しい統計学

KOGOLAB(早稲田大学人間科学学術院 向後研究室で実際授業に使われた教材データ)





仕事で使うパソコンに、データ分析アドインを追加



Windows版Excel2019の初期設定では、データ・タブのリボンは、以下のようになっています。


「データ分析」ボタン(コマンド)、無いですね。

そもそも「外部データの取り込み」や「入力規則」など、データ操作に関係するボタンが詰まった「データ」のタブ、普段から使い慣れていますか?

「挿入」や「ページレイアウト」「数式」などのタブは、実務でかなり頻繁(ひんぱん)に使用することでしょう。

しかし、実は「データ」タブの各ボタンについても、使い方を覚えれば、仕事に応用できる便利機能が満載ですよ。



さて、「データ分析」ボタンがなければ、[ファイル]→[オプション]→[アドイン]をクリックして、標準で追加可能なアドイン一覧を表示してください。














[分析ツール]にチェックを入れたら[OK]。

追加されました。では、早速使ってみましょう。


「t検定」?「回帰分析」?「ヒストグラム」???

フリーズしたら、意味を調べにハンバーガーショップへGo!



仕事用データを、実際に分析ツールにかけてみましょう


統計用語を覚えることが、この記事の役割ではありません。仕事への使い方を見つけることが目的です。

ここからは、とある小規模飲食店のケースに照らし合わせて、実際に分析ツールを使ってみましょう。


コロナ禍以前は、中小飲食店では、電子マネーなど使用不可のお店が多数ありました。

しかし、「非接触」で決済できることもあり、導入を決める店舗が急増しています。


従業員3人で営業している街中華の名店「X食堂」では、まずはキッチンカーなどでも導入しやすい、QRコード決済(PayPayなど)の仕組みを使いはじめました。

しかし、お客さんからは、交通系ICカードなどの電子マネーでも支払できるようにして欲しい、という要望があります。

さて、ヨソはどうしているのだろう? 頑固店主は、慣れないパソコンと格闘しながらWebで調べはじめました。


Web上には「地域における決済情報等の利活用に係る調査」 最終報告書(総務省調べ)という資料が、Excel基礎資料と一緒に一般公開されています。

このExcelを読み込めば、全国でのQRコード決済、電子マネー決済導入状況が分かります。



読み込みました。さっぱり分かりません...(苦笑)。私ゃ、頭が悪いのかな?

いえ、全くそんなことはありません。統計的に、加工して「分析」しなければ、「傾向」は分からないのです。


そこで、仮に、X食堂と同規模の「従業員3-5人」「宿泊業・飲食サービス業」法人が、QRコード決済、電子マネー決済を導入している割合だけをExcelで抜き出しました。






(統計用語の詳細は、いまは理解しなくても良いですから)この表をドラッグして、[データ分析]→[t-検定: 一対の標本による平均の検定ツール]を選択→[OK]→「変数1の入力範囲」をQRコード決済割合、「変数2の入力範囲」を電子マネー決済割合として[OK]してみましょう。


難しい統計関数などを一切使わず、Excelが自動的に右のような分析指標リポートを作成してくれました。